商品一覧

  • Kumarakuno 3.6牛乳
  • 球磨の恵み牛乳
  • 球磨のおいしい3.6牛乳
  • 球磨酪農 特選牛乳 1,000㎖/500㎖/200㎖、球磨KUMA TOKUSEN(クマトクセン)特選牛乳 900㎖
  • 球磨地区限定直送牛乳
  • 生産者指定 くまさん牛乳
  • 霧の里MILK
  • 球磨の恵みヨーグルト(加糖)400g
  • 球磨の恵みヨーグルト(加糖)
  • 球磨酪農 特選牛乳 1,000㎖/900㎖/500㎖/200㎖
  • 球磨の恵みヨーグルト(砂糖不使用)400g
  • 球磨の恵みヨーグルト(砂糖不使用)

商品概要

自然豊かな人吉球磨の生乳を使用した牛乳です。同じ人吉・球磨の自工場にて製造
されていますので搾乳から製品化までの時間が短く、真に新鮮な牛乳と言えます。

Kumarakuno 3.6牛乳

Kumarakuno 3.6牛乳
内容量
1,000㎖/500㎖
250㎖/200㎖
原材料名
生乳100%
無脂乳固形分
8.4%以上
乳脂肪分
3.6%以上
保存方法
要冷蔵(10℃以下)

球磨の恵み牛乳

球磨の恵み牛乳
内容量
1,000㎖
原材料名
生乳100%
無脂乳固形分
8.4%以上
乳脂肪分
3.6%以上
保存方法
要冷蔵(10℃以下)

球磨のおいしい3.6牛乳

球磨のおいしい3.6牛乳
内容量
1,000㎖
原材料名
生乳100%
無脂乳固形分
8.4%以上
乳脂肪分
3.6%以上
保存方法
要冷蔵(10℃以下)

人吉・球磨の中でも新鮮優良な風味を有し、高い成分基準を満たす地区に限定した
牛乳です。集乳から出荷まで他製品とは完全に区別管理されています。

球磨酪農 特選牛乳
1,000㎖/900㎖/500㎖/200㎖

球磨酪農 特選牛乳 1,000㎖/500㎖/200㎖ 球磨KUMA TOKUSEN(クマトクセン)特選牛乳 900㎖
内容量
1,000㎖/900㎖/
500㎖/200㎖
原材料名
生乳100%
無脂乳固形分
8.5%以上
乳脂肪分
3.6%以上
保存方法
要冷蔵(10℃以下)

球磨地区限定直送牛乳

球磨地区限定直送牛乳
内容量
1,000㎖
原材料名
生乳100%
無脂乳固形分
8.5%以上
乳脂肪分
3.6%以上
保存方法
要冷蔵(10℃以下)

人吉・球磨地域の生産者を指定し、乳牛の飼料に使われているとうもろこし、
大豆は遺伝子組み換えでない(non-GMO)ものを使用しております。

生産者指定 くまさん牛乳

生産者指定 くまさん牛乳
内容量
1,000㎖
原材料名
生乳100%
無脂乳固形分
8.5%以上
乳脂肪分
3.6%以上
保存方法
要冷蔵(10℃以下)

電子技法により炭素を活用し牛舎の環境を整え、飼料原料の不純物を中和し、
電子エネルギー水を与え健康な牛より生産された牛乳です。

霧の里MILK

霧の里MILK
内容量
1,000㎖/500㎖
原材料名
生乳100%
無脂乳固形分
8.3%以上
乳脂肪分
3.5%以上
保存方法
要冷蔵(10℃以下)

豊かな自然、ストレスの少ない環境でのびのび育った牛乳が原料です。
人吉・球磨の牛乳100%使用、球磨酪農のおいしいヨーグルト。

球磨の恵みヨーグルト(加糖)

球磨の恵みヨーグルト(加糖)
内容量
1,000g/400g
原材料名
生乳・乳製品・砂糖・寒天・ゼラチン・香料
無脂乳固形分
9.0%以上
乳脂肪分
3.0%以上
保存方法
要冷蔵(10℃以下)

球磨の恵みヨーグルト(砂糖不使用)

球磨の恵みヨーグルト(砂糖不使用)
内容量
1,000g/400g
原材料名
生乳・乳製品
無脂乳固形分
10.0%以上
乳脂肪分
3.5%以上
保存方法
要冷蔵(10℃以下)
HACCP(ハサップ)認定工場
(Hazard Analysis Critical Control Point)
  • HACCPマークは、厚生労働省が定めた『食品の総合衛生管理製造過程』の承認を受けた工場で製造された製品についているマークで、一般に『ハサップ』などと呼ばれています。
  • もともとは1960年代にアメリカのアポロ計画の一環として宇宙食の微生物安全性確保のために考え出されたもので、食品の安全性について危害を予測し、危害を管理することができるすべての製造工程の中で重要管理点を特定し、重点管理することで危害の発生を防ぐ管理システムのことです。
  • HACCPシステムとは、食品を製造するに当たり、原料の受入から商品が出来上がるまでの一連の製造工程の中で、特に重点的に管理する必要のある箇所を常時集中的に管理し、工程全般を通じて商品の安全確保を図る方法です。
    総合衛生管理製造過程は、このHACCPシステムにより衛生管理された食品の製造の管理システムであり、食品衛生法に基づき、厚生労働大臣が基準に適合することを確認し、承認することになっています。
  • HACCP認定工場として、当組合ではこの『総合衛生管理製造過程による食品の製造又は、加工の承認書』を乳(牛乳)について3年に1回更新しています。
生乳鮮度重視牛乳推奨制度
  • 生乳鮮度重視牛乳推奨制度とは、社団法人全国農業乳業協会の会員が製造する種類別『牛乳』の内、その原料、製造方法等について協会が定める基準に適合するものを【生乳鮮度重視牛乳】として推奨する制度です。
  • 牛乳に強く求められる『鮮度』に対して、『賞味期限の表示』がこれを判断する上で重要と思われますが、賞味期限は乳業工場において製品として牛乳が充填された時からの期限です。
    しかし、実際の原料としての牛乳(原乳)は、酪農家が乳牛から搾乳し、そして乳業工場に集められるまで数時間から数日間を要します。『真に鮮度の高い牛乳』は地域に密着した乳業工場であるからこそ可能となる商品です。