球磨酪農農業協同組合 球磨酪農育成牧場について

球磨酪農育成牧場は、組合員の優良な乳牛の育成と、管内酪農の振興及び組合員の経営合理化に寄与する事を目的に、昭和42年4月に組合直営牧場として開設し、昭和55年からは主に交雑種の肥育も行ってきましたが、現在では肥育事業を辞め、育成事業のみの牧場として特化しています。その育成牧場について紹介します。


経営形態と受け入れについて

乾草を食べる妊娠牛

球磨酪農農業協同組合は熊本県南部、球磨郡の中央にある相良村にあります。自然豊かなこの土地で、酪農家が育てた健康な牛から生乳を出荷し、同組合の牛乳処理工場で牛乳・ヨーグルトを製造しています。

組合員の後継牛を確保するために育成牧場を運営しており、現在約365頭のホルスタイン育成牛を飼育しています。

経営形態としては育成牛の買上及び初妊牛の販売、組合員庭先での受精業務を行っています。

また、5ヵ月齢〜13ヶ月齢の乳用育成牛の入牧も随時受け入れています。入牧時に、預託者立会いの下で体高や体重、病歴などを含めた発育状況をチェックし、受胎までの間は毎月体高を測定し発育状況の確認を続けています。そして分娩予定2ヵ月前をめどに退牧していきます。

farm_cont_01_ph02
乳牛は広大な放牧場を悠々と歩き回る

乳牛育成について

飼養管理に当たる6人のスタッフ
飼槽側には連動スタンチョンを設備し、
落ち着いて採食できるようにしてある

飼養管理は6人のスタッフが行っており、そのうちの3人が人工授精師として授精業務に携わっています。毎月ファックスで預託牛の発育状況を預託農家へ報告しており、年に4〜5回ほど定期的に牧場運営委員会を開催し問題の把握や改善を検討しています。

牧場敷地内には森永酪農販売(株)のミック事業部九州ET センターがあり、獣医師と共に様々な改善に取り組みながら、ミック事業部で採卵した和牛受精卵をホルスタイン育成牛に移植する方も多くいらっしゃいます。平成25年1月から上限100頭を目標に員外預託の受入を開始したので、県内外からの問い合わせも増えてきています。

預かった子牛が立派な後継牛として育ち預託者から喜ばれるようにと、スタッフ全員で一生懸命頑張っています。

球磨酪農育成牧場の紹介

球磨酪農育成牧場は、組合委員の優良な乳牛の育成と、管内酪農の振興及び組合員の経営合理化に寄与する事を目的に、昭和42年4月組合直営牧場として開設しました。昭和55年からは主に交雑種の肥育も行ってきましたが、平成25年より肥育事業を辞め、育成事業のみの牧場として特化しています。

育成牧場の概要は下記の通りです。

  1. 名称
    球磨酪農育成牧場
  2. 設置
    球磨酪農農業協同組合
  3. 開設
    昭和42年4月
  4. 所在地
    熊本県球磨郡相良村大字深水2384-1
    (電話・FAX)0966-35-0501
  5. 施設及び面積

    ・育成牛舎 4棟(飼養可能頭数 約400頭)

    ・総面積 約70ha(内採草地 約30ha)

  6. 従事職員数
    6名(内人工授精師3名)
  7. 経営形態

    ・乳用育成牛の周年預託
    (随時受入可能 月齢概ね5ヶ月〜13ヶ月)

    ・育成牛の買上及び初妊牛の販売

    ・組合員庭先での受精業務

  8. 主な取組

    ・毎月FAXで預託牛の繁殖状況、発育状況(発育曲線グラフで図示)を預託農家へ報告

    ・家畜保健所と連携し、定期的に病性診断やピロ対策を実施

    ・定期的に牧場運営委員会を開催し問題の把握や改善を検討

    ・互助会で廃用事故や流産事故に対応

    ・牧場敷地内で採卵及び和牛受精卵を販売(森永酪農販売(株) ミック事業部九州ETセンター)

    ・員外預託の受入(平成25年1月より)

  9. 平成26年度実績
    ・育成牛内訳
    組合員215頭 員外110頭 買上39頭
    計364頭(12/31現在)
    ・受胎成績
    ET体内・IVF 59.6%(34/57)
    AI     60.2%(304/505)
      AI内訳
    F1・ホルス   67.5%(172/255)
    ホルス性判別精液 52.8%(132/250)
    計60.1%(338/562)
    ・受胎月例
    15.08ヶ月
    ・授精回数
    1.66回

球磨酪農育成牧場員外預託規定

(金額は税別)

1.預託牛

①基礎牛と成りえる資質と健全発育した乳用雌牛で概ね6ヶ月齢以上13ヶ月齢未満の牛

②除角後1ヶ月以上経過した牛

③事前に家畜共済に加入した牛もしくは加入可能な牛

④預託する牛は入牧時に全頭互助会に加入するものとする(1頭3,000円)

⑤受精開始日及び受精回数は、預託者・牧場で協議し実施する。

⑥預託を希望するものは、入牧時に別紙の預託契約書を作成するものとする。

⑦預託牛の受け入れ先は、県内及び近隣の県とする。

2.預託期間

①預託期間は周年とし、原則分娩2ヶ月前までとする。
(希望により早期退牧可)

3.預託牛の運搬

①入牧時の運搬は預託者負担とする。

4.経費

①預託料は下記の通りとし、月末時及び退牧時の月齢を基準に算出する。

1日1頭当り
6ヶ月齢以上〜10ヶ月齢未満  600円
10ヶ月齢以上〜16ヶ月齢未満  630円
16ヶ月齢以上         660円

(但し、上記預託料は、諸般の事情により改定する場合あり)

②受精に係る精液代・受精卵代等は預託者負担とし、技術料は下記の通りにする。(精液の持ち込み可)
AI 3,000円 ET 5,000円(但し、合せて4回目以降は無料とする)

③入牧時及び預託期間中に実施する予防注射及び検査料は、実費を預託者負担とする。(実施する予防注射は五種混合・炭疽病・異常産三種混合・イバラギ病・流行熱及び法定検査とする)

④その他、本規定に定めなき料金が発生した場合は、双方協議のうえ、原則預託者負担で実施する。

5.料金の支払い方法

①上記に係る経費は月末締めとし、翌月の25日までに口座振込みにて清算するものとする。

6.事故牛の補償

①預託中に発生した死亡及び廃用事故の補償は、互助会の規程により100,000円を支払うものとする。

②受精90日目以降に発生した流産は、互助会の規程により50,000円を支払うものとする。

③預託中の傷病事故の治療費は、原則預託者負担とする。

④預託中の死亡牛の処理代は牧場負担とする。

⑤退牧後の事故については、育成牧場は原則責任を負わないものとする。

7.その他

①この規程に定めなき必要事項については、預託者・牧場において協議し対応する。

附則 この規程は、平成24年10月19日より施行する。